派遣社員からフリーへ転身

派遣社員として働いてきたSEが、独立したいと考える場合もある。フリーエンジニアを目指す転身方法としては比較的成功しやすいものであり、働く方法の選び方次第ではあまり違いを感じずに働けることも珍しくはない。
派遣社員として現場に派遣されて適切な経験を積んでいると、独立してから受注さえできれば仕事に携わる上で必要な能力は持ち合わせていることが多い。エンジニアとしてのスキルだけでなく、さまざまな現場でやるべき仕事に速やかに取り掛かることができ、現場にいる社員との付き合いも卒なくこなせるのに十分な経験があるからである。
また、仕事を受ける面でも、探し方を工夫すれば大差はない。派遣会社に派遣先を紹介してもらっていた代わりに、エージェントに仕事を紹介してもらうという方法を取ればいいのである。適切なエージェントに登録してヒアリングを受ければ、自分の能力や経験に見合った仕事を紹介してもらえるだろう。
契約が依頼主との直接のものになる点は慎重にならなければならないが、その現場に立ち会ってサポートしてくれるエージェントも存在している。選べる仕事の種類には派遣かフリーエンジニアかで違いこそあるものの、基本的には登録先を派遣会社からエージェントに切り替えるだけで転身は実現できる。それに加えて、細かな待遇の違いや経理業務の必要性が生まれることなどは注意しておくといい。そうすることで、特別に大きな変化を感じることなく自由に仕事に携わることができるようになるだろう。